まずはアルファベットから。

2015.03.07 中学生

こんばんは。
ZENT進学塾の坂口です。


新年度の授業が始まって
1週間が経ちました。


新中学1年生の英語は、
まずアルファベットの確認から。
もうすでに小学校で習っているから
やらなくていいのでは?


というふうに
甘く見ていると痛い目にあいます。


  ● 順番通りに書けない。


  ● 書くことは出来るけど大文字と小文字の高さがバラバラで読みにくい。


  ● ローマ字の発音が分からないので、アルファベットごとの代表的な発音が分からない。


 


小学校によって教え方もバラバラでしょうし、
子ども達の定着度も全然違うはずです。
でも、こうして挙げればきりがないですが、
これが悪いというわけではありません。
これから覚えていけばいいんです。


彼らに話を聞いてみると、小学校の授業は
話したり聞いたりすることばかりだったそうで、
あまり書くという経験をしていないんですね。
それでは書けるようになりませんよね……


アルファベット・ローマ字・単語などを少しずつ覚え、
簡単な文を作れるようになることが、彼らにとって
中学入学までの英語となります。
じっくりじっくり頑張っていきましょう!


では、また次回の更新で!

ZENT進学塾

資料請求・無料体験のお問い合わせ