【2017】読解力が危ない1(読売新聞記事より)

2017.01.31 中学生

 こんにちは。ZENT進学塾の坂口です。


 <前回の記事>にて、日本語ができない、暗記ができないことによる弊害について書かせていただきました。そんな矢先、新聞にも以下のような記事が掲載されておりました。




( 読売新聞より )


 さて、読まずに飛ばした方もいることと思います。時間がない、読むのが面倒など理由はありますが「活字を読まない」という結果を招いています。この現象は子どもたちにも起こります。インターネット上の情報は閲覧画面などの制約で、表示できる文字数に限りがあります。ネット戦略の都合上、短くわかりやすい文になるよう作られることが多いです。わかりやすくするためにイラストも多用されます。

 その結果、文を読んで理解する触れる機会が失われ、文の集合体である本を読み解けないという現象に繋がっているのかもしれません。読者にわかりやすく伝えようとする結果、読解力の低下を招いているのであれば皮肉なものだと思います。

 もちろん、これだけでなく、様々な要因が有機的に結びついて読解力の低下が引き起こされているのは言うまでもありません。そして、この傾向は社会人にも現れ始めています。


<次の記事へ>

ZENT進学塾

資料請求・無料体験のお問い合わせ