【2017】思い知った中1

2017.07.08 中学生

 こんにちは。ZENT進学塾の坂口です。

 中1は初めてのテストが終わりましたね。全員難しかった、点数が取れなかったと口をそろえて話しています。


 想定通りです。


 1ヵ月前から、生徒の見えるところに各学校のテスト日程を張っておきました。授業でも1ヵ月前からテストに向けた準備をするようにと言い続けました。しかし、1ヵ月前から勉強し始めたのは0人。小学校のテストは前日に少し勉強すればある程度の点数が取れてしまったために中学校も同じだろうと油断したのです。


 多くの中1が最初に引っかかる罠です。


 ですので、中学校最初の定期テストは、子どもたちが小学校までの学習方法ではダメだと自分で気づくきっかけに最適な機会の1つとなります。特に、集団授業を行う塾の場合は、他者との競争・比較という点において、気づきを与えられる場合が多いです。



 同じ中学校だと仲のいい友達と比べ、「おまえも取れてないの? じゃぁいいか(笑)」という流れになって次のテストも失敗しがちですが、集団授業を行う塾の場合は同い年の子が

  1、学校でどれぐらいの点を取るのか

  2、塾での成績がどうなのか

 といった情報を直に得ることができます。



例えば今回、数学100点の生徒がいます。でも、その子はテストで失敗したと言うのです。理由は、他教科で取れた点がまだあるから。こういった向上心は、やっていない子に「あれ、オレまずいんじゃない?」という意識を芽生えさせます。当塾のやっていなかった生徒も今回の結果で気付き、今までの勉強姿勢を反省して日々勉強してみるという目標を自分から立ててくれました。


 生徒それぞれに気づきがあったようですので、2学期以降が楽しみです。思い知った分だけ努力してくれればと思います。

 では、また次回の更新で。


 

ZENT進学塾

資料請求・無料体験のお問い合わせ