【2017】子どもに変わって欲しい?

2017.05.10 中学生

 こんにちは。ZENT進学塾の坂口です。


 子どもに変わってほしいと思ったことはありますか?


 例えば、

  自分で勉強をするようになってほしい。

  学校に忘れ物などをしないでほしい。

  生活のスケジュールを立ててほしい。




 願いにも似た悩みを多くの方が抱えています。私どもは進学塾として、子どもと接する時間の多いお母様から学業のお悩みを多くいただきます。お母様が頑張って勉強させようとする、言ってもまったく変わらない子どもたちに業を煮やしたお母様が激怒するか、落胆のあまり途方に暮れるという内容が多いです。


 実は意外なことかもしれませんが、お母様が変わることが子どもを変える場合があります。





 例えば、心配性なお母様。

 子どもが何をするにも心配で、何でも自分やってしまう。子どもの前に転がる障害物を絶えず取り除いてしまう。子どもは自分で障害物を何とかすることを覚えません。あなたがいなくなったとき、子どもは生きられるでしょうか? おそらく厳しいでしょう。お母様が何もしないことで、子どもが障害物の取り除き方を考え、成長することもあります。




 私たち大人の役割は、子どもたちが自立して生きていけるようにしてあげることだと思います。お母様が子どものことを一生懸命に考えているのは疑いようがありません。ただ、その一生懸命が子どものためにならない場合もあるのです。当事者であるお母様には、それに気づけないことがあります。つきっきりでも、投げっぱなしでも上手くいきません。このバランス感こそがお母様に求められているものです。


 このバランスをとり、子どもだけでなくお母様が変わっていくために、その補助として当塾をご利用ください。子どもたちのためですから、私たちが音を上げている場合ではありません。一緒に頑張っていきましょう。

 では、また次回の更新で。

ZENT進学塾

資料請求・無料体験のお問い合わせ